FC2ブログ

記事一覧

みんなの日本語 24課 教案

<板書>  A-1  名詞を くれます/くれました (表示東西的移動)

L7 復習  
木村: わたしは 田中さんに チョコレートを あげます。
田中: わたしは 木村さんに チョコレートを もらいます。
          (動作對象的人)


田中: 木村さんは わたしに チョコレートを くれます。 (山本先生送巧克力給我)
          動作対象是第一人稱(=わたし)

★ 木村さんは わたしに チョコレートを あげます。 ×

★ 「わたしに」 省略OK

(練習 B-1)
(練習) あげます・くれます チェーンドリル (物PC かばん・靴・時計 等等)
S1: わたしは 林さんに かばんを あげます。 どうぞ。
S2: 陳さんは わたしに かばんを くれました。 ありがとう。

(練習) 作文  誕生日に/お正月に・・  ~はわたしに~をくれました。



<板書>  A-2  人が くれました。

これは 去年の誕生日プレゼントです。

これは 誕生日カードです。 (このカード) 学生 くれました。
                           →学生
 
これは ケーキです。 (このケーキ) 友達 くれました。
                        →友達

これは 花です。 (この花) 主人 くれました。
                  →主人


★ 名詞 人 くれました。


「友達は」→做了一個動作。 重點在動作的説明
「友達が」→重點在人物的説明。(是某某人給的)


(練習 B-2 / C-1)



<板書>  A-4  て形くれます/くれました (表示動作的移動) (強調話者的感謝・感激之情)

わたしは おととし 台湾へ 来ました。
台湾で 働きますから、  銀行のカードを 作らなければなりません。
でも、 どうやって作りますか。 全然 わかりません。

台湾人の友達は わたしを 銀行へ 連れて行きました。
                      →連れて行ってくれました。
                       (向對方表達感謝之意)

友達といっしょに銀行へ行きます。 わたしは 銀行のカードを作ることができます。
ありがとう!!!!の 気持ちを 強調します。



友達と いっしょに 銀行へ 行きました。 わたしは 中国語が わかりません。
友達は 日本語が わかります。

友達は わたしに 日本語で 説明しました。
                 →説明してくれました


(練習 B-5)



<板書>  疑問句

今晩  晩ごはんを 作りましたか
               →作ってくれましたか。

・・・母 作ってくれました。


(練習 B-6)



<板書>  助詞 に・を・の

友達は わたし 荷物を 送ってくれました。
友達は わたし 駅へ 連れて行ってくれました。
友達は わたし かばんを 持ってくれました。

動詞と助詞の組み合わせに注意


<板書>  A-3  て形もらいます/もらいました (表示動作的移動) (強調話者的感謝・感激之情)


台湾人の友達は わたしを 銀行へ 連れて行きました。
                      →連れて行ってくれました。

               

わたしは 台湾人の友達に 銀行へ 連れて行きました。
                     →連れて行ってもらいました。
                    (向對方表達感謝之意)



友達は わたしに 日本語で 説明しました。
                 →説明してくれました

 

わたしは 友達に 日本語で 説明しました。
           →説明してもらいました。


て形くれました / て形もらいました  二個句子都一様的意思



★ (人)は わたしに・を・の (て形)もらいました。
           動詞によって 助詞が変わる

★ わたしは (動作對象的人) (て形)もらいました。
            どんな動詞でも 助詞は「に」! (助詞不變)


(練習 B-3 / C-2)



<板書>  疑問句

誰に 結婚式を 手伝いましたか。
          →手伝ってもらいましたか。
・・・大学の友達に 手伝ってもらいました。


初めてここへ来ました。
誰に 教室を 案内しましたか。
          →案内してもらいましたか。
・・・受付の田中さんに 案内してもらいました。


(練習 B-4)









<板書>  A-3  て形あげます/あげました (行為的給表現) (強調話者的好意)

わたしの友達は 日本語を 勉強しています。
日本語の試験がありますから、勉強しています。

わたし: この日本語の本は 役に立ちますよ。 ぜひ 使ってください!(話者的好意)

わたしは 友達 日本語の本を 貸しました。
                     →貸してあげました。


友達は 日本へ 来ます。
京都は とてもおもしろいですから、 ぜひ 京都へ連れて行きたいです!(話者的好意)

わたしは 友達 京都へ 連れて行きました。
                →連れて行ってあげました。



★目上に人に対して「て形あげます」を使うと失礼。
(直接對長輩或客人説「てあげます」比較没礼貌。有「施恩」的感覺。)


部長、雨が降っていますよ。
 傘を 貸してあげましょうか。 ×
→傘を 貸しましょうか。 〇 (ましょうか L14 提議)
→傘を どうぞ。 〇


★ 友達同士なら 使う場合もある。


荷物を 持ってあげるよ。 (用普通形/口語用法)
→有積極幫忙的好印象


(練習 B-7)



※ (もらいます含有要求之意)

例) 
A: このケーキ、 おいしいですよ。 どうぞ 食べてください。
B: ありがとう。
→ B: Aさんは わたしに ケーキを くれました


B: このケーキ、 有名な店のケーキですね。
   食べてもいいですか。
A: はい、いいですよ。 どうぞ。
→ B: わたしは Aさんに ケーキを もらいました



※ (て形もらいます含有要求之意)

例)
A: あ、ボールペンが ありません。
B: わたしのを 貸しましょうか。
A: ありがとうございます。
→ A: Bさんは わたしに ボールペンを 貸してくれました。


A: あ、ボールペンが ありません。
   Bさん、すみません。 Bさんのボールペンを 借りてもいいですか。
B: はい、いいですよ。 どうぞ。
→ A: わたしは Bさんに ボールペンを 貸してもらいました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

つーさん03

Author:つーさん03
台湾で日本語教師をしています。
台湾人の夫ともうすぐ生まれる子どもと
のんびり暮らしています。

最新コメント